Self Portrait(1990, Pumehana Records)

テレサ・ブライトは、オアフ島出身のシンガーでウクレレ奏者。

スラックキー・ギター奏者の父とフラ・ダンサーの母という音楽一家に生まれる。
そんな家庭には、ギャビー・パヒヌイらもしばしば遊びに来て、カニカピラを楽しんだという。
テレサは5歳にしてウクレレを独学で始める。しかし、大くのハワイの若者たちがそうであるように、日常的にラジオから流れてくるアメリカ本土のヒット曲や、ジャズに興味を持ち、少なからず影響を受け、決して伝統的なハワイアン・ミュージック一辺倒というわけではなかったようだ。

ハワイ大学在学中の1981年にスティーブ・マイイとアコースティック・デュオ、スティーブ&テレサを結成し、レコード・デビュー。彼女たちのデビュー曲「キャッチ・ア・ウェーブ」はハワイでビッグヒットとなり、彼らの洗練された音楽性は注目を集めた。
3枚のアルバムを発表し、1988年には、3rd Album”Intimately”に収録された、”Uwehe, Ami and Slide”がナ・ホク・ハノハノ・アワードのSong of the Yearを受賞した。

90年にソロに転向し本作『セルフ・ポートレイト』を発表。
ゲスト・ミュージシャンとして、シリル・パヒヌイ、カラパナのゲイロード・ホロマリアらも参加しているが、(失礼ながら)特筆すべきミュージシャンが参加しているわけではない。

しかしながら、伝統的なハワイの楽曲に、彼女独自の音楽的センスでジャズ、ラテンなどのエッセンスを巧みにミックスさせ、まったく新しい洗練されたハワイアン・ミュージックを産み出し、そのサウンドと彼女のソフトな歌声の魅力も相まって、大いに人気を集めることとなった。
翌91年のナ・ホクにおいてAlbum of the Year, Female Vocalist of the Yearと、 “Poliahu”が、Song of the Year, Hoku Meleの4部門を受賞し、ハワイアンの女性No.1歌手の地位を確立した。

日本で最初に発売された作品は、彼女自身の4枚目に当たる1996年のアルバム『クワイエット・ガール』で、ここからシングルカットとなった「パヒューム・オブ・パラダイス」はJALのビッグアイランドキャンペーンにも使用され、一躍ポピュラーな存在になった。